VOICE

保護者さま
の声

ころんを受講された
保護者さまからの声を
ご紹介します。

母親として本人が「僕は幸せだなぁ」と
思える将来であってほしいと
いつも願っています

オリジナル個別セラピー千種校 ころん歴3年
TさまSくん(1年生)の保護者さまより

ころんに通ってから出来る様になった
ことは数え切れないくらいあります。

お子様はお母様からみて
どんな性格のお子様ですか?
テンションがMAXになると元気な男の子!という感じですが、基本的に穏やかでとても素直な子です。
すべての物事に対して慎重かと思えば思わぬ所で大胆だったり、引っ込み思案かと思えば意外にフレンドリーな面もあったり、親からみてもなかなか掴み所のない性格だと思います。一見大人しそうにみえるので、初めて会う人には「割と喋るんだね!」とよく後から言われます(笑)

できているところには笑顔で「できてるよ~上手」
と明るく声をかけているえりこ先生

ころんに通われようと思った
きっかけはなんですか?
2歳7ヶ月で診断名がつき、親としては少しでもこの子にやってやれることはないかと色々調べていくなかで、早期療育の重要性やABA療育、それを行っているキッズアカデミーころんのことを知りました。
ただ、面接はして頂いたものの、順番を待つ生徒さんが多くすぐには通えなかったため、少しでも早く療育を始めたくて最初は東京にある他のABA教室に通っていました。3歳6ヶ月になり、ころんに通える様になったときは本当に嬉しかったです。

親の心も軽くなり前向きな気持ちを
保つことができました。

お子様のどんなところに
お困りでしたか?
当時は、指示の通らないところがいちばん気になっていました。困ることといえば、療育教室中に落ち着いて座っていられないくらいで、外でどこかへ走って行ってしまう子ではないし、癇癪や強い拘りもあまりなく、何かにすごく困っていたということはなかったです。
それでも、言葉の理解が乏しく、発語も少なく、どうしてこの子は私の言ってることが分からないんだろう…と悩んでいました。
ころんに通われてどんな変化が
ありましたか?
ころんに通ってから、出来る様になったことは数え切れないくらいあります。最初は、1つ1つの音の練習から始まりクリアしていくことで発音が上手になりました。それと同時に言葉も徐々に増えていった様に思います。同じ様に、苦手なことをみつけて出来るまで丁寧に教えて下さるので、本当に有り難かったです。
少しずつの「出来た!」の積み重ねによって、今では椅子に長く座っていられる様になりましたし、さらには色んな課題に前向きに取り組める様になりました。
お勉強が大好きになれたのはころんの先生のおかげです♡
お子様にどんな大人になってほしいですか?
少しくらい変わってても良いので、正直で、今の様に素直なままでいて欲しいです。
そして何より、自分のことを好きでいて欲しいと思います。自分で自分のことを認められる大人になって欲しいです。どんな形でも、本人が僕は幸せだなぁと思える将来であって欲しいといつも願っています。
欲を言えば、他人の気持ちをきちんと汲み取れる様になってくれたら嬉しいかな、とも思います(笑)
ころんに一言お願いします。
「感謝」という言葉では表せないくらい感謝しています。
息子の成長についてはもちろんですが、息子の普段の生活の悩みやちょっとした疑問について訊ねるといつも的確なアドバイスをくださって、問題解決すると共に、母親である私のストレスも自然と解消出来ていたと思います。障害児の親はそれなりの悩みや不安、ストレスを感じやすいと思います。でもころんに通うことで、こどもが成長するだけでなく、親の心も軽くなり前向きな気持ちを保つことが出来ました。
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

先生からのメッセージ

素敵なお言葉をありがとうございます。Sくんの「できた!」時の喜びの笑みは私にとって大事な宝物です。
最初ころんにこられた際には、できないことが悔しくて涙してしまうこともありましたが、今ではできないことにも前向きに取り組むことが多く、セラピーの中で涙を見ることがほとんどなくなりました。
初めて見る課題にもとっても興味を持ち「これやる! 」と自ら私に伝えてきてくれるくらい、お勉強が大好きなSくん。そして、負けず嫌いで1番が好きなSくん。時折「1番がいい」と主張することはありますが、2番や3番でも笑顔で乗り切ることができるようになりました。
たくさんの「できた」を経験することで、自信を持ち、たくさんの「できない」「悔しい」を経験することで、「もっと頑張る!」という前向きな姿勢を身につけたSくん。
これからの成長がさらに楽しみです。お子様の成長は無限大。
これからも一緒に色々なことを乗り越えていきましょう。

キッズアカデミーころん
えりこ先生